• 大麦パンのセカンドミール効果を確認 食後60分以降で有意差
  • 高β-グルカン大麦で肥満マウスの高血圧抑制 短鎖脂肪酸を介した調節作用の可能性
  • バーリーマックスの食物繊維類は大腸の広域で発酵腸内細菌叢の改善に寄与
  • 大麦は糖尿病患者の食後高血糖と血糖変動を抑制 服用中の治療薬で効果に差あり
  • 大麦で脂質合成系の遺伝子発現量が減少 回腸では短鎖脂肪酸受容体、細胞分化が活性化
  • バーリーマックスでPrevotella増はフルクタンの影響か 腸内での段階的発酵が消化管機能改善に寄与?

大麦TOPICS

  • 論文発表
  • ヒト試験

大麦パンのセカンドミール効果を確認
食後60分以降で有意差

Consumption of a meal containing refined barley flour bread is associated with a lower postprandial blood glucose concentration following a second meal than one containing refined wheat flour bread in healthy Japanese: a randomized control trial