麦ラボとは?

あしたのカラダのために、大麦ができること

大麦は昔から人類が利用してきた主食となる穀物、主穀の一つです。
1960年ごろまで、日本人も大麦をよく食べていました。
しかしその後、白米やパンが主食の中心となり、大麦の消費量は激減。
それと連動するかのように現代病と呼ばれ、
食生活との関係が深い糖尿病や大腸がんが増えています。

大麦は、こうした現代病の予防や改善に役立つということが、
世界各地で行われてきた研究によって明らかになりつつあります。
大麦の健康価値について多角的により深く探求し、正しい情報を伝えたい……。
そんな想いで「麦ラボ」を設立いたしました。

麦ラボは、大麦の機能性に関する研究の推進、研究者の育成、
世界の最新研究動向のリサーチ・分析・情報発信を行う
「大麦研究のプラットフォーム」として、
国内外の研究者との連携のもと、活動を推し進めてまいります。

麦ラボ 代表者:青江誠一郎

大妻女子大学家政学部食物学科教授。
1989年、千葉大学大学院自然科学研究科博士課程修了。
雪印乳業技術研究所を経て、2003年に大妻女子大学家政学部助教授に就任。
07年から現職。16年4月から学部長を兼任。日本食物繊維学会副理事長。
10年、大麦の食物繊維とメタボリックシンドローム予防に関する研究で
同学会賞を受賞